*

ミャンマーという国

公開日: : ノンセクション, 未分類

東南アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーという国。イギリスに支配されていたビルマと呼ばれていた頃は豊かな国だったが、1962年にクーデターにより社会主義国家になってから一転して貧しい国になった。それから50年経ち、2011年1月にテインセイン大統領が選出されてから急速に民主化と近代化が進んでいる。人口は約6,000万人順調に増加傾向にある。原油や鉱物などの天然資源にも恵まれている。

ミャンマーはアジア諸国の中でも賃金水準が低い。上海(中国) 439ドル、ムンバイ(インド) 403ドル、バンコク(タイ) 286ドル、ジャカルタ(インドネシア) 209ドル、ホーチミン(ベトナム) 130ドル、プノンペン(カンボジア) 82ドル、ダッカ(バングラデシュ) 78ドル、ヤンゴン(ミャンマー) 68ドル (各国の製造業ワーカーの月次賃金 JETRO調べ) 製造業の生産拠点としても魅力的な水準にある。

2015年に証券取引所が開設される予定がある。ジム・ロジャーズ氏が注目の投資先として、ミャンマー、スリランカ、北朝鮮を挙げている。外国人が市場で唯一投資できるミャンマー企業が、シンガポールに上場しているヨマ・ストラテジック・ホールディングス(YOMA)だ。投資先としての魅力もふんだんにある。

そんなミャンマーだが、実際のところどうなのか確認するべくヤンゴンに渡ってみた。軍政下にあった2007年にカメラマンが射殺される事件や、2013年にホテルで爆発が起こるなど、危ない国という印象を持つ方が多いが、実感としては「歌舞伎町より安全」といったところだ。ミャンマーは仏教国であり、某国とは違い、反日感情の無い国民性に安心感がある。

民主化から3年。ミャンマーの発展から目が離せない。

関連記事

no image

最低賃金引き上げによってロボットが導入されるのは自然な流れ

こんな報道があった。 非情! 米ファストフード業界は「最低賃金引き上げ」を受け「ロボット導入」

記事を読む

no image

日本国債のデフォルト、そして預金封鎖、デノミはあるのだろうか?

日本は借金大国である。日本国債の残高は1,000兆円を超え、今なお増え続けている。このまま行けばいつ

記事を読む

no image

厚生年金基金の破綻が明るみになっている

AIJ投資顧問による年金消失問題をきっかけに、厚生年金基金の危機的状況が明るみになっている。 過去

記事を読む

no image

高城未来研究所からの示唆

■ 安価に旅行に行くなら チケットやホテルサイトはブラウザーを変えたり、IPアドレスを変えてアクセ

記事を読む

no image

セブのTARGETに留学7日目(日)

TARGETでの留学も7日目になった。今日は日曜日だから授業はない。昨晩から Movenpick H

記事を読む

no image

車の給油口が右側か左側か運転席にいながら一発でわかるトリビア

あなたの車の給油口は右側?それとも左側? 当然「そんなのわかってるわい!」と答えると思う。 では

記事を読む

no image

セブのTARGETに留学2日目(火)

TARGETでのセブ留学2日目が始まった。朝一からマンツーマンレッスンが続く。TARGET6コースは

記事を読む

no image

ペンション「海亀の甲羅」は伊武部バス停の目の前

ペンション「海亀の甲羅」は伊武部バス停の目の前。北谷の桑江バス停から沖縄バスの名護西空港線に

記事を読む

no image

セブのTARGETに留学9日目(火)

セブのTARGETに来て9日目になった。2週目の火曜日である。早いもので金曜日には卒業だ。 文法と

記事を読む

no image

食用油について考える。

炒め物、焼き物など、毎日の調理に欠かせない食用油であるが、遺伝子組み換え原料が使われているかという話

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
シドニータワーの入り口はどこ?

知らないととまどうシドニーいろいろ。今回はシドニータワーについて。

Sam’s By the Sea でステーキをほおばる

沖縄の泡瀬でディナーを楽しもうと近くの飲食店をFoursquareで探

no image
北谷ヒルトンのスイートでのんびり

no image
沖縄の島らっきょうの塩漬けをコスパ良く入手するコツ

那覇空港のリウボウに行けば(案内板20番のお店)、生の

フェイバリットタイムコーヒー 大門店

大門駅から徒歩すぐの電源カフェ。 1F入

→もっと見る

PAGE TOP ↑