失敗を恐れずに行動した記録。「虎穴に入らずんば虎子を得ず」後漢書「何かを学ぶのに、自分で経験する以上に良い方法はない」アルベルト・アインシュタイン

虎の穴

不撓不屈の精神で91歳の生涯を閉じた小野田さんが残してくれたもの

投稿日:

小野田さんの訃報を聞いて、小野田寛郎という男に俄然興味を持った。

不撓不屈の精神で91歳の生涯を閉じた小野田さんが
従軍慰安婦の真実を残してくれた。
小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」

戦地を見た人間が語る真実は重みがある。

小野田さんの言葉を借りれば、
「喧嘩したら勝たなければならない。」
「喧嘩しなければならないのなら離れればいい。」

なぜ真実を湾曲してまで日本をバッシングしてくるのか。喧嘩を売ってくるのか。
いくらこちらが正しいという主張をしても平行線をたどるだろう。

喧嘩しなければならない状況はどうしたら避けられるのだろうか。
そこが大きな課題である。

エッセイ-小野田さんの背筋
JOG(437) 小野田寛郎の30年戦争


小野田寛郎さんドキュメント

-ノンセクション, 未分類

Copyright© 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.