失敗を恐れずに行動した記録。「虎穴に入らずんば虎子を得ず」後漢書「何かを学ぶのに、自分で経験する以上に良い方法はない」アルベルト・アインシュタイン

虎の穴

WHOが抗がん剤の使用をやめるよう言い出したのは本当か?

投稿日:

WHOが抗がん剤の使用をやめるよう言い出したらしい。日本でも2014年7月15日に「抗がん剤を使わせる指導」を撤回することになったようだ、これは興味深い。

今までは癌と診断されれば、有無を言わさず抗がん剤治療を受けることが多かったが、もし本当だとすればそういった常識(正しいかどうかは別として)が覆されるかもしれない大きな変化だ。

しかし情報ソースがあいまいなのでそのまま鵜呑みにできない。探したけど見つからなかったという話もある。

真偽の程はいずれ明らかになるだろう。抗がん剤メーカーのロビー活動もあるだろうし、そう簡単に禁止にはならないと思われる。

この手の話が広がりやすいのは、それだけ抗がん剤の効能に不信感を持っている人が多いということだ。近親者にがんで亡くなった方のひとりやふたりはいると思うが、抗がん剤の効果でがんが治ったという話はほとんど聞くことは無いということだ。

実際にがんで余命宣告され、医師に抗がん剤治療を勧められたときに、それを受け入れるかどうか。生きたいという想いの強さはひとりひとり違う。完治する可能性が1%でもあればそれに懸けるか否か。もし3ヵ月の延命効果があると言われたときに試す価値を感じるか否か。抗がん剤を使わないという選択をした場合の延命する可能性と天秤にかけることになる。

医師の診断・進言を信じるか信じないか、どんな終わり方をするか、人生の最期は自分で選びたいものだ。

第3章 終末期医療に関する意思表明方法の検討
http://www.pref.chiba.lg.jp/kenfuku/shuumatsuki/documents/03.pdf

終末期における延命治療の中止と自己決定~自分らしい最期を迎えるために~」
http://www.kclc.or.jp/medical-legal/public/files/seika_info/DP011_hon_nishikawa_miura_yokoe_nakajima.pdf

-ノンセクション, 未分類

Copyright© 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.