*

「二十一世紀の資本論」

公開日: : ノンセクション, 未分類

トマ・ピケティの「二十一世紀の資本論」は、格差社会がどのようにして生まれたのかその背景、そして未来への提言について書かれている書籍である。原著「Le Capital au XXIe siècle」は仏語で書かれており、今年の4月に英訳が出てからベストセラーになった。データを集めるのに15年もかけた大作だ。

経済成長率が低い中で不平等の是正には、資産への累進課税が有効だという。所得に対して減税、資産に対して増税することが解決策になる。

驚いたことに邦訳予定は2017年だそうだ。それを待たずに英語版をKindleで読んでみよう。
Capital in the Twenty-First Century

追記
週刊東洋経済 2014/7/26号「『21世紀の資本論』が問う 中間層への警告」にトマ・ピケティへのインタビューが掲載されている。

追追記

アメリカの所得格差がどれほど厳しい状況にあるか知るのにおすすめしたい本が「貧困大国アメリカ」というルポルタージュだ。

この本は「貧困大国アメリカ」「貧困大国アメリカII」「(株)貧困大国アメリカ」の三部で完結する。

アメリカでは日本の比ではないほどの所得格差が進んでおり、貧困層が最貧困層に、中流層も貧困層に転落していく様子が見てとれる。

国民皆保険制度の無いアメリカ。世界一高い医療費の国だ。一度の病気で貧困層に転落することもありうるのだ。低所得の人が病気になり、自己破産する人が急増しているという。自己破産の直接原因の第一位は「クレジットカード負債」だが、「医療費負担」はそれに次いで第二位である。日本では考えられないことだ。

貧しくなればなるほど食事にお金を使うことができず、ジャンクフードに頼らざるを得なくなり、より不健康になっていく。その結果、病気になれば医療費負担が増大し、破産の引き金に指がかかる。一度転落すると這い上がることは非常に困難になる。

ルポ 貧困大国アメリカ

追追追記

トマピケティ関連の書籍が相次いで出版されている。

21世紀の資本: トマ・ピケティ, 山形浩生, 守岡桜, 森本正史
トマ・ピケティの新・資本論: トマ・ピケティ, 村井 章子 (2015/1/23)
現代思想 2015年1月臨時増刊号◎ピケティ 『21世紀の資本』を読む -格差と貧困の新理論- ムック – 2014/12/12 トマ・ピケティ (著), ポール・クルーグマン (著), デヴィッド・ハーヴェイ (著), & 5 その他

関連記事

no image

原発は再稼働させてはならない。ゼロシナリオを支持する。

せっかく止めた原発を動かしてはならない。原発が生み出した使用済み核燃料を処理するのにどれだけ時間がか

記事を読む

no image

空港や公共の無線LANは危険で使えないと嘆く方に!

空港や公共の無線LANを使うのは危険だと思う人は少なくない。ましてパスワードの無いフリースポットはな

記事を読む

no image

虎の穴とは

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」ということわざがある。虎の子を得るためには、危険を覚悟した上で、虎の穴

記事を読む

no image

食用油について考える。

炒め物、焼き物など、毎日の調理に欠かせない食用油であるが、遺伝子組み換え原料が使われているかという話

記事を読む

no image

IgG検査キットを使って遅延フードアレルギー検査

自分の体のことをよく知らないと不調の原因はわからない。もっと自分の体のことを知りたいと思い IgG抗

記事を読む

no image

引越しに伴う手続きメモ

引越しを行うということはつまり住所が変わるということだ。それに伴い必要となる手続きを次回の引越しの際

記事を読む

no image

高城未来研究所からの示唆 201503

■マレーシア機 MH17便の行方 ウクライナ上空で撃ち落とされたマレーシア航空MH17便だが、ロシ

記事を読む

フェイバリットタイムコーヒー 大門店

大門駅から徒歩すぐの電源カフェ。 1F入ってすぐのカウンターでコーヒー

記事を読む

no image

遅ればせながらビットコインに触れてみた

新年早々の飲み会で数人がビットコインを話題にあげていた。実際に買っているとのこと。ビットコインを実際

記事を読む

no image

赤坂プリンスの解体工事が進んでいる

赤坂プリンスの解体工事が進んでいる。高さ140m、地上40階建てのビルをどうやって解体するのか見たら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
ICO案件のBankeraについて調べてみた

ICOの9割は詐欺と言われている。業界で有名な誰かがいいと言っているか

no image
ハードウェアウォレットをAmazonで買うのは危険と聞いてメーカーの公式サイトから買ったその理由

Coincheck騒動の後で、取引所にコインを預けておくリスクを感じた

no image
もしアマゾンが仮想通貨「Amazonコイン」を出してきたら銀行はどうするのか

今や仮想通貨ブームの様相を呈しているが、大本命はAmazonコインだろ

シドニータワーの入り口はどこ?

知らないととまどうシドニーいろいろ。今回はシドニータワーについて。

Sam’s By the Sea でステーキをほおばる

沖縄の泡瀬でディナーを楽しもうと近くの飲食店をFoursquareで探

→もっと見る

PAGE TOP ↑