*

持続的な競争優位を実現するのはポジショニング

公開日: : ビジネス, 未分類

持続的な競争優位を実現するために企業がすべきことを説明するのに、ポーターの考えが代表的。経営学ではSCPパラダイムと呼ばれている。

SはStructure(構造)、CはConduct(遂行)、PはPerformance(業績)の頭文字で、すべてを一言で表すとポジショニング。

そして競争戦略は競争しない戦略だ。競合度が低く、新規参入が難しく、価格競争が起きにくい業界を選ぶことが望ましいとされる。

つまりユニークなポジションを取ることに尽きる。

では、ポジショニングが正しければ持続的な競争優位は保てるのだろうか?

ある研究者が全米の6772社の投資収益率などの時系列データから、10年以上続けて他のライバルよりも高い業績を残している企業を、持続的な競争優位を持っているとみなして分析してわかったことは、

・持続的な競争優位を実現する企業は存在するがその数はすべてのうちの2~5%に過ぎない
・近年、企業が競争優位を実現できる期間は短くなってきている
・いったん競争優位を失ってからふたたび競争優位を獲得する企業の数は増えている

このことは実際にビジネスの現場でも感じることができる。

ユニークな事業で成功しても、競合企業が雨後筍のように発生したり、競争激化で利益率が低下するなど、すぐにハイパーコンペティションな状況になるのはよくある。

しかしそのような状況であっても事業から撤退するのではなく、より競争行動を仕掛ける企業のほうが市場シェアを獲得するという結果も示されている。

ひとつの成功にあぐらをかかず、ユニークなポジションを模索しつつ、積極的な攻めの姿勢も続けること。企業を存続させるためには必要なことだ。

関連記事

no image

高城未来研究所からの示唆 201503

■マレーシア機 MH17便の行方 ウクライナ上空で撃ち落とされたマレーシア航空MH17便だが、ロシ

記事を読む

no image

ミャンマーという国

東南アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーという国。イギリスに支配されていたビルマと呼ばれてい

記事を読む

no image

セブのTARGETに留学3日目(水)

TARGETでのセブ留学は早くも3日目に突入した。そもそも中学英語(むしろそれ以下)からのスタートな

記事を読む

no image

厚生年金基金の破綻が明るみになっている

AIJ投資顧問による年金消失問題をきっかけに、厚生年金基金の危機的状況が明るみになっている。 過去

記事を読む

no image

セブのTARGETに留学2日目(火)

TARGETでのセブ留学2日目が始まった。朝一からマンツーマンレッスンが続く。TARGET6コースは

記事を読む

no image

今年はじめて大人用紙おむつの売上が乳幼児用紙おむつの売上を抜く

今年はじめて、大人用紙おむつの売上が乳幼児用紙おむつの売上を抜くのだという。少子高齢化の波はじわじわ

記事を読む

no image

WHOが抗がん剤の使用をやめるよう言い出したのは本当か?

WHOが抗がん剤の使用をやめるよう言い出したらしい。日本でも2014年7月15日に「抗がん剤を使わせ

記事を読む

no image

セブのTARGETに留学8日目(月)

セブのTARGETに留学している。早いもので2週目に入った。今週末には日本に帰らなければならない。最

記事を読む

no image

赤坂プリンスの解体工事が進んでいる

赤坂プリンスの解体工事が進んでいる。高さ140m、地上40階建てのビルをどうやって解体するのか見たら

記事を読む

no image

スマホやタブレット端末に反応が格段に良いハイテク導電繊維を使用のタッチペン「センシー・スマートペン」

iPad の画面が指紋でベトベトになるので、タッチペンがいいかと思い「スマホやタブレット端末に反応が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
もしアマゾンが仮想通貨「Amazonコイン」を出してきたら銀行はどうするのか

今や仮想通貨ブームの様相を呈しているが、大本命はAmazonコインだろ

シドニータワーの入り口はどこ?

知らないととまどうシドニーいろいろ。今回はシドニータワーについて。

Sam’s By the Sea でステーキをほおばる

沖縄の泡瀬でディナーを楽しもうと近くの飲食店をFoursquareで探

北谷ヒルトンのスイートでのんびり

沖縄の島らっきょうの塩漬けをコスパ良く入手するコツ

那覇空港のリウボウに行けば(案内板20番のお店)、生の

→もっと見る

PAGE TOP ↑